MENU

読書記録:彼方の呼ぶ声 英米古典怪奇談集Ⅱ

2冊目が読み終わりました、というか読み終わっていました。

これでも、1冊目に比べたら、サクサクと読み進められました。

書くのが後回しになってしまいました。

 

2冊目はこちら↓

 

 

彼方の呼ぶ声 英米古典怪奇談集Ⅱ BOOKS桜鈴堂 編・訳。

私が最初に見つけて読みたいと1番最初に思った電子書籍

 

Ⅱは9本の短編が収録。

Ⅰに比べたらボリュームが少ない感じもしますが、サクサク読めました。

楽しかった。

 

こちらが収録↓

・イスの令嬢 ロバート・W・チェンバース

・深き海より フレデリック・ブリッテン・オースティン

・二つの小さな赤い靴 ベッシー・キッフィン=テイラー

・モーティマー氏の日記 エイミアス・ノースカット

・いにしえの指輪 トーマス・グレアム・ジャクソン

・アリスとアリシア クリスタベル・ローズ・コールリッジ

・死せる書の重荷 アーサー・グレイ

・鏡に映る顔 メアリ・エリザベス・ブラッドン

・閉ざされた扉 メアリ・イライザ・ブラムストン

 

「イスの令嬢」は鷹匠の話が出てくるのですが、専門用語というか放鷹術用語とか沢山出てきて、イマイチ内容が頭に入ってこない感じでした(私がアホなだけですが)

 

「深き海より」は話が進むにつれて高まっていく緊張感とか、読みごたえがありました。好きな話の1つ。

 

「いにしえの指輪」とかは好きなテイストのお話。

 

小説を読まない私は作家にも、もちろん詳しくないので、面白かったから他のも読みたいなぁ~と思い調べてみたりするんですが、日本語訳の本を探してみたんだけど、唯一見つけられたのが、「鏡に映る顔」のメアリ・エリザベス・ブラッドンの作品だけでした。

 

残念。

 

ちなみにkindleで読めるのはこれだけみたい↓

 

いずれ読んでみるつもり。

 

私が特に好きなお話は、上にも書いた「深き海より」と「いにしえの指輪」この2本。

 

面白いなと思ったのは、「二つの小さな赤い靴」個人的にこの話の主人公がツボでした。

 

「閉ざされた扉」は自動書記の話が出てくるのですが、思わず「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」をちょっと思い出したりしました。あちらは自動手記人形ですが。

 

活字が読みたいっていうのが続いているので、今読んでいる3冊目も小説。

 

ちなみに今読んでいるのはこちら↓

 

3冊目は日本の小説で読もうと思っているのがあったんだけど、どうもメンタルがやられそうかも(タイトルからの勝手な思い込み)と思ったのと、まだまだこの世界観に浸っていたいとも思ったので、今は九霊奇譚集を読んでいます。

 

引き続き読書、読書の日々。

 

語彙力・文章力がUPすればよいのに。

 

また読み終わったら、記録を付けようと思います。

 

関連記事↓

 

tsukishiro-08.hatenablog.com